サイクルボトル

夏に6,70km走るとボトル2本じゃ足りないので、Raleigh CRR,TREK Emonda SL6共にサドル後ろにボトルケージ2つを増設しています。

しかし、この位置、路面のギャップを踏んだ時など、フレームやシートポストのしなりも有るのか、いい感じにボトルが吹っ飛んで行くのです。
実際、ボトルを無くしたり、ツールケースを無くしたりしたことが何度か、、

先日もキャメルバックの2,000円近くするボトルを無くしてしまいました。

CAMELBAK(キャメルバック) ボトル 保冷ボトル ポディウムチル レッド 21OZ 620ML 18892091
CAMELBAK(キャメルバック) ボトル 保冷ボトル ポディウムチル レッド 21OZ 620ML 18892091

対策として輪ゴムでこんな風に止めることにしました。

DSC_0121.jpg

さらに、ボトルケージも保持力の高いものにしています。
(Bontrager BatCage)

昨日、これで80km以上走りましたが、ボトルは無事でした。

そして、もう一つ、もう高いボトルを使うのはやめよう。

と言う事で、ネットを探したら安めの奴を発見。

TRIWONDER スポーツ ウォーターボトル マラソン ランニング 給水ボトル 水筒 ハイドレーション ボトル ジョギング用 スポーツボトル (600ml - 2個)
TRIWONDER スポーツ ウォーターボトル マラソン ランニング 給水ボトル 水筒 ハイドレーション ボトル ジョギング用 スポーツボトル (600ml - 2個)

明確に自転車のボトルケージにさせるとは書いていないのですが、自転車で使っていると思われる写真が有るので、たぶん大丈夫だろうと購入。
実際にボトルケージにちゃんと刺さりました。

この手の物はボトル内の匂いが気になりますが、匂いはほとんど有りませんでした。
一応、中に脱臭剤らしきものが入っていたので、それのおかげかもしれませんが。

DSC_0130.jpg

飲み口の開け閉めも硬すぎずゆる過ぎずちょうどいい感じでした。

しばらく使ってみようと思います。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック