読書感想(かわうその自転車屋さん 1)

一昨年読んだ、「くるくる自転車ライフ」の作者こやまけいこさんによる、擬人化動物自転車物語。

カフェを併設したいつも暇な自転車屋さんの物語。
(カフェの方はそこそこ賑わっている。)

最初のうちは一話ごとにお客さんが増えていく。
その中にはスポーツ自転車じゃなくて、軽快車のお客さんも。
でも、壊れた自転車を見るとほおっておけないかわうそ店長。

見逃しがちな整備不良個所を指摘したり、なかなか教育的な内容。

なにしろ、登場してくるのが全部動物なので、体のサイズがさまざま。
と言うことで、実在の自転車メーカー、ブランドは出てきませんが、ツールドフランスだけは実名で登場。
もちろん、走っているのは動物ですけどね、、、

かわうそ店長も可愛いですが、店員の羊のようこさんもいい。

ほんわかした雰囲気で面白い。
次巻が楽しみです。


カフェ併設の自転車屋さんと言う設定の本作を読んだせいかどうかわかりませんが、最近ご無沙汰している自転車屋さん「たぬき小屋」にカフェが併設された夢を見ました。

たぬき小屋さん、そういう多角経営はどうでしょう。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
芳文社
2014-10-16
こやまけいこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック